資産運用の基本と方法

資産運用と聞くと、一番最初に思い浮かぶ方法として「株式投資」や「FX」などの外貨投資などが頭に浮かぶと思いますが、最近では安全かつ確実に貯蓄ができる「貯蓄型」と、多少のリスクを覚悟して多大な利益を得る「投資型」など、大まかに分けてこの二つのタイプが資産運用の基本となります。

 

貯蓄タイプは、自分の貯蓄や預金を元手に運用し、金融機関が元本を保証しつつ安全に預金を増やすことに重点を置いた資産運用方法です。

 

投資タイプは、株式やFX、投信などのリスクのある取引を通じて資産運用をする方法です。元本が常に変動するため儲けや損失が出る可能性が高いですが、投資を分散させることでリスクを軽減するなどの対策を取ることで、長期運用して大きな利益を得ることができます。

 

資産運用は、資産を増やす目的の他にも、その資産自体を増やすことを目的として行われますが、行ううえでのリスクやリターンをしっかりと理解して行うことが大切です。